背中 綺麗にする

背中が汚くなってしまうのはなぜ?

背中が汚くなってしまう原因はどこにあるのでしょうか。

 

背中は身体の中でも皮脂の分泌が多いところです。
皮脂の分泌が多くなると、毛穴を詰まらせてしまい、肌は上手に生まれ変われなくなります。
皮脂が毛穴に溜まっていくと、ニキビをつくるアクネ菌が繁殖して背中ニキビを作ります。

 

背中はいつも洋服の下に隠れている部分ですので、どうしても通気性が悪いです。
ですから、一度できた背中ニキビは何度も繰り返してなかなか治りません。
また、背中をきれいにしようとタオルでごしごしこすって洗えば、ニキビの出来た背中の肌は刺激を受けて、肌トラブルを起こします。
その上、背中は手が届きにくいために、どうしてもすすぎ残しがあって、肌の状態を悪化させることも多いです。
ニキビが出来て弱っている背中の肌はニキビ自体は治っても新陳代謝が悪いままで、ニキビ跡だけがいつまでも背中に残ることが多いです。
いつも外に出しておくことはできない背中ですが、ニキビケアをしっかりする必要があります。